未分類 PR

日田川開き観光祭花火2024の穴場スポットは? 屋台の出店や混雑も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Sponsored Links

日田川開き観光祭は、毎年5月下旬に開催される大分県日田市最大級のお祭りです。

筑後川水系の鮎漁解禁と鵜飼いシーズンの幕開けに合わせて行われ、2日間で約1万発もの花火が打ち上げられる華やかなイベントとなっています!

メインイベントの花火大会のほかにも鵜飼い実演や伝統芸能の披露、地元グルメの屋台が出店するなど、見どころが目白押しです。

初夏の訪れを告げる祭りとして、地元の人だけでなく県内外から多くの観光客が訪れ賑わいを見せています。

今回は日田川開き観光祭花火2024の穴場スポットや屋台の出店情報、混雑しにくい時間帯など調査してご紹介していきます!

日田川開き観光祭花火2024の穴場スポット

まずは、日田川開き観光祭花火2024の穴場スポットをご紹介します。

今回は本当にオススメの穴場スポット8か所を厳選してみましたよ(^^♪

その1.三隈川河川敷

まず1つめの穴場スポットは「三隈川河川敷」です。

三隈川河川敷は打ち上げ会場に近く、迫力ある花火を間近で見ることができる場所として知られています。

大迫力の花火を真正面から見られるとあって混雑していそうなイメージですが、河川敷は広いため意外にもゆっくりと花火を楽しむことができるんです。

花火大会のメイン会場からは少し距離がありますので、比較的混雑は少ないようです。

無料駐車場もあるので車でのアクセスもしやすく、家族連れや友人グループで花火を楽しみたい方にオススメの穴場スポットとなっています。

  • 迫力の花火が楽しめる。
  • 広々とした河川敷には芝生があり、ゆったりと鑑賞できます。
  • 打ち上げ会場周辺と比べて混雑しにくい。
  • 無料駐車場あり。

その2.隅町公園

2つ目の穴場スポットは「隅町公園」です。

隅町公園は打ち上げ会場の間近にあり、大迫力の花火を全身に感じて楽しめる場所として知られています。

公園内にはベンチや芝生広場があり、レジャーシートなどを広げて花火を見る人もいます。

  • 打ち上げ場所の間近。
  • 公園内には芝生広場やベンチがある。
  • 周辺に飲食店が多数あり、お祭りの雰囲気を味わえる。

大迫力の仕掛け花火を真正面から綺麗に見られるとあって、人気の穴場スポットとなっています!

花火大会当日は混雑も予想されるため、早めの時間から場所を確保することをオススメします。

隅町公園周辺には飲食店もたくさんありますので、地元グルメをテイクアウトするのも良いかもしれませんね♪

Sponsored Links

その3.亀山公園

3つ目の穴場スポットは「亀山公園」です。

こちらも花火の打ち上げ場所から程近い場所にあり、迫力ある花火を全身に感じながら楽しめる場所として知られています。

亀山公園は三隈川沿いにあり、川に面した場所は堤防のようになっています。

そこには芝生広場やコンクリートの階段もあるため、花火見物には最適です。

  • 打ち上げ場所の間近。
  • 公園内には芝生広場があり、ゆったりと花火を楽しめます。
  • 周辺に飲食店も多数あり、お祭りの雰囲気を味わえます。
  • 無料駐車場あり。(普通車32台、軽18台)

公園には少ないながらも無料駐車場もあり、車でのアクセスも便利です。

Sponsored Links

その4.京町児童公園前の堤防

4つ目の穴場スポットは「京町児童公園前の堤防」です。

京町児童公園は三隅川沿いにあり、目の前にはコンクリートの堤防が広がっています。

こちらの写真からも分かるように、堤防沿いに多くの人が座りながら花火を楽しんでいます。

  • 打ち上げ場所に間近。
  • 堤防沿いに座って花火が見られる。
  • 公衆トイレあり。
  • 仕掛け花火(△)/打ち上げ花火(〇)

京町児童公園前の堤防は仕掛け花火は見えにくいものの、打ち上げ花火は綺麗に見ることができます。

仕掛け花火にこだわりがなければ、こちらの絶景スポットで花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

その5. 三隈大橋周辺

5つ目は「三隈大橋周辺」です。

三隈大橋周辺は旅館街となっており、ノスタルジックな風情ある景色を楽しむこともできるスポットして知られています。

花火の打ち上げ場所からもほど近い場所にあり、迫力ある花火を間近で楽しめます。

  • 打ち上げ場所の間近。
  • 風情ある温泉街の景色も楽しめる。
  • 周辺に駐車場あり。

三隈大橋周辺には駐車場も多数あるため、車でのアクセスも便利です。

ただし、打ち上げ会場周辺ということもあり、花火大会当日は道路の渋滞が予想されます。

車を利用の方は時間に余裕をもって行かれることをオススメします。

三隈大橋周辺には屋台も出店しているようです。

屋台グルメを片手に美しい花火を楽しむのも良いですね♪

その6. 鏡坂公園展望台

6つ目の穴場スポットは「鏡坂公園展望台」です。

こちらも打ち上げ場所からほど近い場所にあります。

高台からの眺めとあって、大迫力の花火を広範囲で楽しむことができます。(^^♪

川沿いから見た花火とは一味違う圧倒的なスケール感が良いですよね!

夜の街並みも綺麗で花火が映えます。(*´ω`*)

  • 打ち上げ場所からほど近い距離。
  • 夜の街並みと花火のコラボレーションが綺麗。
  • 比較的混雑しにくい
  • 無料駐車場あり

会場周辺の他の穴場スポットと比べても混雑しにくいのもポイントです。

無料駐車場があるため車でのアクセスも便利です!

Sponsored Links

その7. 日隅小学校グラウンド

7つ目の穴場スポットは「日隈小学校グラウンド」です。

日隈小学校では日田川開き観光祭に合わせてグラウントが開放されます。

グラウンドは主に駐車場として利用されますが、打ち上げ会場から程近いこともあり花火観賞にもオススメです。

  • 打ち上げ会場の間近
  • 駐車場あり(100台)
  • 仕掛け花火(△)/打ち上げ花火(〇)

こちらのスポットは三隈川沿い位置し、小学校の裏側には河川敷が広がっています。

駐車場に指定されていることもあり、小学校裏の河川敷には花火を楽しむ人で賑わいます。

仕掛け花火は見えにくいものの、打ち上げ花火は綺麗に見ることができますよ♪

その8. 日田市役所前

8つ目は「日田市役所」です。

日田市役所も日田川開き観光祭の駐車場に指定されている場所です。

  • 打ち上げ会場からほど近い
  • 駐車場あり
  • 仕掛け花火(×)/打ち上げ花火(△)

打ち上げ場所からは少し距離があるものの、場所によっては花火を見ることができるようです。

ただ、周辺の建物に隠れてしまいハッキリとした花火を見るのは難しいと考えられます。

日田川開き観光祭花火2024の穴場スポット8か所をご紹介しました。

花火大会に合わせて周辺道路では交通規制が敷かれます。

打ち上げ前後の時間帯は特に混雑が予想されますので、時間に余裕をもって現地に到着するようにしましょう!

Sponsored Links

日田川開き観光祭花火2024の屋台の出店はある?

続いて、日田川開き観光祭花火2024の屋台の出店情報についてお伝えします。

日田川開き観光祭では毎年たくさんの屋台が立ち並び、大変な賑わいを見せています。

屋台の種類や出店期間、そして営業時間について見ていきましょう!

屋台の種類は?

そこでまずは、過去の出店を元に、日田川開き観光祭の屋台の種類をまとめてみました。

日田川開き観光祭の屋台の種類

〇定番屋台〇

  • 焼きそば
  • 焼き鳥
  • たこ焼き
  • お好み焼き
  • フライドポテト
  • ラムネ
  • かき氷
  • たいやき
  • りんご飴
  • ドーナツ    などなど

☆九州ならではの屋台☆

  • 地元の名物料理「とりてん」
  • はし巻き

地元の名物・とりてんも楽しめる!

焼きそばやお好み焼きなどの定番屋台に加えて地元の名物料理「とりてん」(鶏の唐揚げ)や「はし巻き」も楽しめるようですね!

遠方の方にとってはあまり馴染みがないかと思いますが、「はし巻き」とはお好み焼きを割りばしに巻いた食べ物です。

お皿の代わりに海老せんにのせるスタイルで提供されることもあるんだとか。

主に九州など西日本で定番の屋台グルメですね!

味のラインナップもたくさんあるようなので、まだ食べたことがない方は必見です( *´艸`)

地元の人気店も多く出店

また、地元の人気店も多数出店しており、お祭りならではの賑わいと美味しい料理を堪能できますよ。(^^♪

日頃から地元の人に愛されているお店ですから、料理の味は言うまでもありません。

いつもの観光では見つけられない隠れた名店を発掘できるチャンス!

地元の人だけでなく、観光客にとっても楽しいイベントです♪

Sponsored Links

屋台の出店期間と営業時間は?

日田川開き観光祭は2024年5月25日(土)~26日(日)で開催されます。

屋台もお祭りの日に合わせて出店します。

日田川開き観光祭の屋台について
  • 出店期間:2024年5月25日(土)、26日(日)
  • 営業時間:11:30~21:00頃

屋台の営業時間は午前11時半頃から花火大会が終わる夜9時頃までと予想されます。

ですが、人気の屋台は早めに売り切れてしまうこともあります。

気になる屋台グルメがある方は、お早めにお立ち寄りください。

屋台の場所は?

屋台は三隈大橋周辺の三隈川河川敷に集中して出店しています

花火の打ち上げ会場に近いこの場所は、お祭りの雰囲気を存分に味わえる人気スポットです。

その他にも、隅町公園や亀山公園、京町児童公園などの周辺にも屋台が出店しているので、会場内を散策しながら、お気に入りの屋台を見つけてみてください。

各スポットに屋台があるので、その分人混みも分散されていそうですね!

場所によっては人が少ない屋台スポットもあるかもしれません。

日田川開き観光祭の屋台では地元の人気店が多数出店しており、美味しい料理を堪能できる魅力的なスポットです。

ぜひ、お祭りの雰囲気を感じながら、お気に入りの屋台を見つけてお楽しみください。

Sponsored Links

日田川開き観光祭花火2024の混雑は?

日田川開き観光祭の花火大会は、毎年大勢の人が訪れる人気のイベントです。

会場周辺は大変混雑するので、公共交通機関の利用がおすすめですね。

有料の観覧席がないため、人気の場所では早めに場所取りが必要になります。

混雑を避けるためのコツは?

それでは、混雑を避けるための3つのコツを見ていきましょう!

  1. 初日の5月25日(土)は比較的混雑しにくい
  2. 19時半までに現地入りする
  3. 21時過ぎに会場を出る

まず、例年だと初日の5月25日(土)の方が比較的混雑が少ない傾向にあります。

花火の打ち上げ時間は20:00頃から約1時間ですが、19:00頃から徐々に人が集まり始めるので、それ以前の時間に会場に到着するのがおすすめです。

花火の最中は最も混雑するため、花火が始まる30分程度前の時間(19:30より前)に会場に到着するのがよいでしょう。

日田川開き観光祭の花火大会終了後は、21:00過ぎから帰宅の準備を始めるのがおすすめです。

一般的に、花火大会は花火の打ち上げが始まる前よりも、花火の打ち上げが終わった後の方が混雑する傾向にあります。

特に花火大会終了直後は帰宅ラッシュで大混雑することが予想されます。

そのため、花火大会が終了した後すぐに帰宅の準備をするのではなく、少し時間をおいてから移動するのがおすすめです!(^^♪

日田川開き観光祭の花火大会は、毎年大勢の人が訪れる人気のイベントです。

混雑を避けるためのコツを押さえれば、きっと素敵な思い出になるはずです。

ぜひ、この機会に日田川開き観光祭の花火大会を楽しんでみてくださいね♪

Sponsored Links